ISD個性心理学で見る色のすごさ?!

ISD個性心理学では、色が主役になってくることだってあるんだそうです。
それに色と誕生日、美しさというのも全て、心理学でいう色で紐解けるともいいます。
確かに心理学と色の関係性は知るところですが、美しさにまで発展するなんてことは想像もできませんでした。

また、そのなかでも目指す立場が違えば、知る内容も濃かったり、多くあったりします。
ISD個性心理学で出てくる色で、人生は変えることができるともいえるように思うような内容です。
あくまで色が心理を表すだけ…みたいなものではないのが個性心理学のなかの色なのでしょう。

予知能力ということではありませんが、色で先取りしてみるのも世渡り上手になれるコツかもしれません。
なにかの色を通して内面を見るなんてこと、ISD個性心理学でなければできないものですし。
どんな色になるだろう?と気になり始めた時こそ、個性心理学もすっと入るものだったりするでしょう。

テキストだったりその他費用なしに知れない色、をわかっているってすごいことなのではないでしょうか。
色から自分を認めるということ、それが個性心理学の良さのひとつだともいえると思うからです。
そして、他人の本当の色を見ることもできるでしょうから、ちょっと優越感浸れそうというものでもあります。